1 名前:べがρφ ★[age] 投稿日:2014/06/22(日) 04:40:31.49 ID:???
"巨乳あらわに濃厚絡み…真木よう子“すっぴん濡れ場”の評判"

上映開始からわずか5秒後、布団の上で男と激しく絡みあうスッピンの真木よう子(30)が映し出された。
公開中の映画「さよなら渓谷」で7年ぶりの主演を務め、一糸まとわぬ姿を惜しげもなく披露。
線の細い体とは不釣り合いな巨乳に、老若男女がクギづけだった。

濡れ場は冒頭のシーンだけにとどまらない。第2ラウンドは“駅弁”スタイル。
内縁の夫役の大西信満(37)の体にしがみつき、大胆に喘ぐ。さらに、布団の中で天井を見つめながら
「ねえ……、しよ?」と真木がつぶやくと、濃厚なキスから第3ラウンドが始まる。
何度も絡んでいるはずなのに微妙なぎこちなさが残る雰囲気は、演じる役の複雑な過去と関係性を物語っている。

7年前の初主演映画「ベロニカは死ぬことにした」は、バストトップを露わにしたオナニーシーンで注目を浴びた。
一度脱いでしまえば“濡れ場オファー”も殺到するだろう。
“すべて”をさらけ出した後、真木よう子という女優はどうなっていくのか。映画批評家の前田有一氏はこう話す。

「今までは胸ばかりが印象に残るアイドルのようなイメージだったけど、この映画で本格的な演技を見せた。
演技派の女優としてもやっていけると思いました。
ただ、(週刊誌編集者役の)大森南朋がたるんだお腹を鏡に映すシーンがありましたが、
真木よう子もあれくらいさらけ出せたら完璧。『ベロニカ――』のときのような完璧な体じゃなく、
30代の少し衰えた感じを出せたらもっと良かった。目の肥えた観客は老いていく変化が見たいんです。
アイドルや売れない女優が脱いだときのような悲愴感を感じさせずに潔く脱いでいるのが彼女の強み。
それを生かすために、今はどんどん脱いだ方がいい。ここ1、2年が勝負」

これまで「遊び人のダメ男にハマる女」「不倫中の営業マン」と薄幸な役が多かった。
今は4歳の子供を持つ母親。濡れ場の次のステージが楽しみだ。

http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/143/092/10f3bb42d7c8e2cd5e26aa5455071e04.jpg
2013年6月26日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/143092

4 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2014/06/22(日) 07:51:35.01 ID:Z/q10h0VQ
どうせパイズリないんだろ
5 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2014/06/22(日) 07:54:30.69 ID:QprNYFbt+
べがちゃんW
6 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2014/06/22(日) 11:07:28.32 ID:9A40fyYRM
持ち上げすぎだろ
脇を固めるのに重宝される女優レベル
7 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2014/06/22(日) 13:34:02.86 ID:qJuzaV1hy
おっぱいの画像が写ってないやん!
8 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2014/06/22(日) 17:54:54.08 ID:KpHJ2Nb/O
スレタイゲンダイ余裕でした


元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/mnewsplus/1403379631/