芸能グラビア速報

グラビア中心の芸能まとめサイトです。 壇蜜ニュースが移転しました。

    カテゴリ: 壇蜜

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/06(水) 22:12:52 ID:2SOrnl3o9.net
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/5/e55a8_1585_839bec56001d0b1d3c1d397f8fb96d89.jpg

    タレントの壇蜜が5日に自身のアメブロを更新し、ぞっとした最近の出来事を報告した。

    この日壇蜜は「ぞぞっとした。」というタイトルでブログを更新。「ヒヤリハット体験とでも言いましょうか…。本当に自分の不注意で大変なことが起きる…寸前だったと思います」と切りだし、先日掃除をしていた時のエピソードをつづった。

    掃除中ビニール袋が必要になり、常備していたものが底を尽きていたため補充しようとした壇蜜。補充分のビニール袋はキッチンの洗い場の上だといい、「椅子に乗らなくては届きません」と、椅子に乗って目当てのものを取り出したという。

    ところが、いざ降りようとした時「戸棚の扉にパーカーの袖が引っ掛かって椅子がぐらつき、そのまま転落…となるところでした」と危ない状況に。しかし「結局転げ落ちる顛末にはならず、シンクの中にすぽっとお尻がはまって近くにあったコップ1つが床に転がっただけで済みました。コップはプラスチック…」と幸運が重なり、事なきを得たという。

    読者からは、「良かった! 大事にならなくて!」「ご無事で何よりです」「シンクになりたい」「モゾモゾと抜け出す姿を想像して少し可笑しくなりました」などの声が寄せられている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18223448/
    2020年5月6日 19時15分 ABEMA TIMES

    【壇蜜、お尻がシンクの中にすっぽり「大変なことが起きる…寸前だった」】の続きを読む

    1: 臼羅昆布 ★ 2020/03/15(日) 14:26:41 ID:tvc4cmNT9.net
    2020.3.15 13:48
    https://www.sanspo.com/geino/news/20200315/geo20031513480013-n1.html

    タレント、壇蜜(39)が15日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。自作のマスクをつくっていることを明かした。
    番組では新型コロナウイルスの感染拡大で極度の品薄に陥っているマスクの転売禁止が15日に始まったことを伝えた。
    共演するタレント、テリー伊藤(70)が「マスクを作れる人はモテるんじゃないか」と言うと、壇蜜は手作りしたマスクを披露。
    黄色の下地にかわいい動物模様が入ったマスクが取り出されると、お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(54)は「パンティーで作ったの?」とイジった。
    壇蜜は「ダブルガーゼという素材で、私がミシンで作りました。(紐の部分が)自由に長さ調整できます」と話し、背後に座る元東京高裁判事の細野敦氏(56)にプレゼント。
    細野さんは「パンティーをしていいの?」とつぶやいてマスクをつけると、壇蜜は「パンティーじゃない」と苦笑。周囲からは「パンティーにしか見えない」との声があがっていた。

    https://www.sanspo.com/geino/images/20200315/geo20031513480013-p1.jpg
    壇蜜

    【壇蜜、自作マスク披露】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/12(水) 06:35:53 ID:FJ8yU+Kj9.net
    タレントの壇蜜が、11日に自身のブログを更新。高校時代、放課後に内緒で使っていたあるものが、ネットで話題になっている。


    ■「こっそり楽しむ」

    学内での使用は厳禁とされていたという「色つきリップクリーム」。当時、女子のあいだで大流行するなど、とにかく女心をくすぐるアイテムだったという。

    それを「休日にちょっとだけ…放課後に内緒でちょっとだけ…と、こっそり楽しむのが常」だったと話す。「艶めく唇を鏡で見ると大人になった気がしてうきうきしたものです」と、当時を振り返った。

    ■お化けみたいな仕上がりに

    いまでこそ”大人の女性”として魅力たっぷりな壇蜜だが、当時は「早く大人になりたくて、何かとメイクや髪型などで背伸びをしようとしていた」そう。

    唇にしっかり色がつく海外のリップクリームが流行った時期もあるといい、その頃は「あまりに濃い色がつきすぎて皆でお化けみたいな仕上がりになっていた」と、楽しそうに回顧した。

    ■じつは女子あるある?

    色つきリップを内緒で使うという思い出は、女性のなかでは”あるある”のようで、「懐かしい。女子の特権ですよね!」「何回も怒られたなあ」と懐かしむようなコメントが。

    また一方で、壇蜜が内緒でリップを塗る姿を想像してか、「なんかいい…」「最高です」と興奮した声も一部には見られた。

    ■リップクリームを持ち歩く人は…

    しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,589名を対象に「リップクリームを持ち歩くか」について調査を実施したところ、全体の3割強の人が「はい」と回答。全年齢層で、やはり女性に突出した傾向が表れた。

    いまでも買うという色つきリップクリーム。学生時代に関わらず、大人になっても使える万能アイテムのようだ。

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162255514/
    2020年02月11日 17時40分 しらべぇ

    【壇蜜、放課後に内緒でしていたことが話題に 「最高」と興奮する声も】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/24(火) 05:01:56.23 ID:mZIpt3Wq9.net
    タレントの壇蜜(39歳)が、12月23日に放送されたラジオ番組「壇蜜の耳蜜」(文化放送)に出演。まだタレント活動をする前に働いていたという、アメリカンレストラン「アンナミラーズ」のウェイトレス時代を語った。


    この日、番組に「壇蜜さんがテレビによく出始めた頃、東スポにメイドのコスプレで出ていた壇蜜さんを見て、弟が『アンナのしずかちゃんだ!』と叫びました。弟は週末にプロレス雑誌を持って、よくアンナミラーズの駒沢公園店に通っていて、閉店パーティーにも参加したそうです。“アンナのしずかちゃん”はアイドルみたいにかわいかったと言っていました。私も一度食事に行って、ドラえもんのしずかちゃんみたいにかわいいと弟に言った記憶があるのですが、弟が自慢するように、“アンナのしずかちゃん”は壇蜜さんなのでしょうか」と、リスナーから質問が寄せられる。

    「アンナミラーズ」はアメリカンパイやウェイトレスのかわいいユニフォームを特徴としたレストランチェーン。1973年6月13日、東京・青山に1号店をオープン後、原宿や赤坂、広尾、吉祥寺、自由が丘、渋谷、お台場、横浜など、首都圏で店舗を拡大し、最盛期には20数店舗を展開した。

    壇蜜によると、このリスナーからの質問は「うん、働いてた」と当たりで、「アンナミラーズは下の名前をネームプレートに刻んでつけるのが風習なんです」と、本名(しずか)の“しずかちゃん”と呼ばれていたことも正しいという。

    ただ、「ちょっと間違いがある」「アンナミラーズのしずかちゃんは、超アウトロー。もっとね、いたの、もっとカワイイ子が」と、決してお店のアイドル的な存在ではなかったと、寄せられた情報を訂正した。

    また、「アンナミラーズ」は現在、東京・品川(高輪店)に一店舗あるのみだが、規模縮小の理由について、壇蜜は「メイド喫茶が出てきちゃったよね。もちろん、一概には言えないですけど、メイドとしてのサービスはしないわけじゃないですか」と、強力なライバル出現の影響もあるのでは、と分析した。

    2019/12/24 02:03ナリナリドットコム
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw6336796


    https://i.imgur.com/Ppvmpq4.jpg

    【壇蜜「アンナミラーズのしずかちゃん」時代語る】の続きを読む

    1: 牛丼 ★ 2020/01/06(月) 23:01:27.63 ID:UjA2Mrps9.net
    壇蜜がトルコ・イスタンブールへ、独身最後の旅で生と死を見つめる

    NHK BSプレミアムでは、壇蜜が結婚直前にロケした「壇蜜 生と死の坩堝(るつぼ) イスタンブール」を1月8日(午後9:00)に放送する。

    同番組は「死とエロスの旅」としてスタートし、「生と死の坩堝」とタイトルを変えて4作目を迎える人気紀行シリーズ。これまでネパール、メキシコ、タイと、異なる文化や宗教の国々を壇蜜がめぐり、さまざまな“死生観”やLGBTなどの性のかたちを独自の目線で見つめてきた。

    最新作となる今回は、壇蜜がイスラム教が主流を占めるトルコ・イスタンブールを訪ねる。女性のための番組作りを掲げるテレビ局「ウーマンTV」では、壇蜜が「男性と女性は、一緒に生きていければもっとハッピーになれるけれど、分かりあえないところもあると思う」と本音を口にする場面も。そのほかイスタンブールで活躍する人気ダンサーにベリーダンスを習ったり、迷宮のように巨大な市場・グランドバザールでの買い物や、トルコ流のお風呂「ハマム」体験など、エキゾチックな街を満喫する。

    独身最後の海外旅行に壇蜜は「イスタンブールでは9日間を過ごしました。短い時間でしたが、町の空気を吸い、人々と交流し、イスラム教の姿を見て“死”にも触れました。人々の祈る姿から幅広いメッセージを受け取れた気がします。この町で触れた<寛容さ>を、これからの生活に生かせたら」と話している。

    https://tv.yahoo.co.jp/news/detail/20200106-00000009-tvguide
    https://www.cinra.net/uploads/img/news/2020/20200106-danmitsu_full.jpg
    https://www.cinra.net/uploads/img/news/2020/20200106-danmitsu03_full.jpg
    https://www.cinra.net/uploads/img/news/2020/20200106-danmitsu02_full.jpg

    【「死とエロス」独身最後、壇蜜トルコへ】の続きを読む

    このページのトップヘ