芸能グラビア速報

グラビア中心の芸能まとめサイトです。 壇蜜ニュースが移転しました。

    カテゴリ: 芸能

    1: ニーニーφ ★ 2020/05/09(土) 17:19:18 ID:Vmz/IvS/9.net
     タレントの熊切あさ美(39)が8日までに自身のインスタグラムで、15年ぶりに発売となる写真集について思いを記した。

     「15年ぶりの写真集。6月19日発売。予約はじまりました。こんな時ですが是非観てください」と発売日が決まったと告知。
    ハッシュタグで「15年ぶりって自分でもびっくり」とつづった。

     インスタグラムには「#写真集」「#休憩中のとき」と魅惑のショットも投稿。
    フォロワーやファンからは「可愛い!」「写真集買います!」「15年ぶりって凄い」「色っぽいです」などの反響があった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-00000165-spnannex-ent

    【熊切あさ美(39)、15年ぶりに写真集発売 インスタフォロワーは絶賛「可愛い!色っぽい」】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2020/05/09(土) 19:00:39.41 ID:izSg0kzU9.net
     女優の松本まりか(35)が8日、自身のインスタグラムを更新。「#先月のグラビアから1枚」などのハッシュタグを付け、谷間があらわになった色気たっぷりの上半身ショットをアップした。

     グレーのタンクトップからあふれんばかりの胸元に、きゃしゃな二の腕がスラリ。女性から絶大な支持を集めるメーキャップアーティスト・イガリシノブさんによる
    透明感あるメイクで、凛とした視線をカメラに向けた。フォロワーは「大人の色気はんぱない」「スタイル抜群ですね」「お胸がまぶしい」とほれぼれしていた。

    報知新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-05090025-sph-ent
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/09/jpeg/20200509s00041000198000p_view.jpg

    【松本まりかの美しい胸元に「大人の色気はんぱない」「スタイル抜群」とほれぼれ】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2020/04/17(金) 05:09:19.87 ID:nwsUA9h29.net
    4/17(金) 5:00 サンケイスポーツ
    桜庭ななみ、清純派から大人へ 「現在・過去・未来」凝縮、初のフォトブック完成
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00000513-sanspo-ent
    デビューして12年、桜庭の魅力がギュッと詰まったファン待望の1冊が完成
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200417-00000513-sanspo-000-1-view.jpg


     女優、桜庭ななみ(27)が初のフォトブック「ななみ Flowering」(講談社、税抜き2500円)を6月4日に発売することが16日、分かった。

     4章で構成され、清純なイメージから大人の女性に成長した桜庭の「現在・過去・未来」が凝縮。プライベートショットやデビュー当時のお宝ショットなどが満載だ。

     2007年に地元・鹿児島県で“鹿児島一の美少女”としてスカウトされ、翌08年にデビューして12年目。今回、企画や写真選びにも携わった桜庭は、「0歳から27歳の今の私を見ていただける初めてのフォトブックが完成しました」と胸を張る。

     昨年12月には、留学経験のある中国・上海でも撮影。懐かしい場所で、ずっと思い出に浸っていたという桜庭は「またいつか世界中の人々が自由に旅行できる日々が戻るのを願いながら、この本を見た方が『上海に遊びに行きたい!』と思ってもらえたらうれしいです」と目を細める。

     また、「私のことを少しでも知っていただきたくて」と、第4章では、ファンの問いに答える「100問100答」にも挑戦。等身大の姿が垣間見られそうだ。

     今後は、フジテレビ系主演ドラマ「13(サーティーン)」(土曜後11・40)が6月6日にスタート予定。桜庭は「今は新型コロナウイルスのため、外出の自粛が求められていますが、いつもの日常が戻ったときにやりたいことがたくさんあると思います。この本を手に取ってくださった方にもワクワクした気持ちになってもらえたらうれしいです」とコメントしている。

    (おわり)

    【桜庭ななみ、清純派から大人へ 「現在・過去・未来」凝縮、初のフォトブック完成】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2020/04/12(日) 05:35:52 ID:NRILR9TC9.net
    最上もが、セクシーな美尻写真を公開 「脱がないでの声もあるけど…」
    最上もがが写真集のオフショットを公開し、グラビア撮影のこだわりなどを語った。
    2020/04/11 16:40 大五郎
    https://sirabee.com/2020/04/11/20162300200/

    mogatanpe
    https://www.instagram.com/p/B-zK4DYAUgt/

    https://scontent-sjc3-1.cdninstagram.com/v/t51.2885-15/e35/p1080x1080/93200114_578905172984106_6729927033025303723_n.jpg?_nc_ht=scontent-sjc3-1.cdninstagram.com&_nc_cat=106&_nc_ohc=wYbRiZrfxEsAX-_1rBR&oh=d7c4afea65b51786b474a30c6847d54e&oe=5EBAC5AD&.jpg
    https://scontent-sjc3-1.cdninstagram.com/v/t51.2885-15/e35/p1080x1080/93262695_237141134068261_1930421849816244048_n.jpg?_nc_ht=scontent-sjc3-1.cdninstagram.com&_nc_cat=101&_nc_ohc=gxl0OgiECocAX9CHnkn&oh=3b769f6aabaf3cc75c48f598e505cf6f&oe=5EBCAC26&.jpg


    アイドルグループ・でんぱ組.incの元メンバー・最上もがが10日インスタグラムを更新。数枚の写真を公開しグラビア撮影のこだわりなどを語った。

    最上は綺麗な背中を写した写真や水着写真など、数枚のオフショットを公開。ファンの中に「下品だ」と言いグラビア撮影を嫌がる人がいることを明かし、「ぼく自身は下品なものだと思っていない」と意見した。

    またグラビア撮影を「脱ぐという表現でまとめていない」最上は、「その人の脳の中だけでぼくを下品にしてる気がして悲しいです」と心境をつづった。

    ■グラビアのこだわりは…

    さらに「ぼくのグラビアのこだわりはできるだけ『美しい作品』を残すこと。アートの一つと捉えてやってます」とグラビアへの姿勢を明かした。

    しかし「ちょっとぷにぷにしてるくらいの方が男性ウケがとても良い」と知りながらも、そのための身体作りはしていないという。理由は男性だけに向けてグラビアをしていないから、と答えている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【最上もが、セクシーな美尻写真を公開 「脱がないでの声もあるけど…」】の続きを読む

    1: 社会的弱者 ★ 2020/05/06(水) 12:28:00 ID:jToUz5KJ9.net
    4月21日から公開された吉岡里帆のCM動画が男心をくすぐる艶度だとして話題になっている。

     それはアイス菓子「パピコ」のCM「みんなのパピコ」篇。吉岡がいろいろなスタイルで次々とパピコを食べる映像になっている。

    「誰もが知ってるようにパピコは棒状の容器に入ったアイス。吉岡はこの棒を次々と食べる、つまりくわえるわけです。男性ファンの間では、これが“おしゃぶり技”を思わせると評判になっているんです」(週刊誌記者)

     しかもスタイルに合わせて吉岡が次々と変化。OL風、三編みのお下げ髪、湯上がりでのおしゃぶりを披露している。ファンならずとも思わずドキドキしてしまう映像だ。

    「特に人気なのは湯上がりです。濡れ髪の彼女が目を細めてアイスを口の中でゆっくりと味わい、ゴックンする姿はたまらないものがありますね。また枕に頭を乗せて泣きながらしゃぶるシーンもいい。他にも艶顔がたくさん。ぜひ見ておきたい映像です」(前出・週刊誌記者)
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-148402/
     同CM動画はユーチューブほか、23日からは全国で放送されている。吉岡里帆の「おしゃぶりショット」は目に焼きついてしまうこと必至のようだ。

    【「おしゃぶり変化」が艶すぎるッ。濡れ髪の彼女が目を細め口の中でゆっくりと味わいゴックン 泣きながらしゃぶるシーンも】の続きを読む

    このページのトップヘ